蒸発現象とは

夜間の運転は、昼間と違って視界も悪く危険な場面が多数あります。
自動車を走行させていて、歩行者が見にくかったりすることが多々あります。
ヘッドライトをきちんと点灯させ、注意する必要があります。
また、夜間は昼間よりも速度感覚が鈍くなりスピードが出てしまう兆候もあります。
速度を守って安全に走行する必要があります。
夜間で危険な現象がいろいろありますが、特によく起こるのが蒸発現象と呼ばれるものです。
これは、対向車のライトと自車のライトがぶつかり合い、その中心にある歩行者が蒸発したように見えなくなる現象です。
この蒸発現象は、自車と対向車がすれ違うときだけでなく信号待ちの状態でよく起こります。
まったく歩行者が見えなくなってしまうため、信号が変わって発進してもまだ歩行者が横断中だったため事故になってしまうことがあります。
この蒸発現象を防ぐには、ヘッドライトを消灯する必要がありますが、ヘッドライトを消灯するのは危険な場合もありますので、状況に合わせて判断する必要があります。
信号待ちで停止中も、左右からわたってくる歩行者に注意して、前だけでなく左右を見る必要があります。
ヘッドライトが当たっていない部分では歩行者は確認できます。

Filed under: 未分類 — トトロ 4:09 PM