夜間の運転で注意すること

夜間に運転をする際には早めにライト点灯を行うのが鉄則です。周囲が明るい場合ですと、点灯を忘れてしまうドライバーもいるようですが、ライトが点いていない状態ですと周囲が自車の存在に気が付き難くなります。大変危険ですので早めに点灯しておくように気を配った方が良いでしょう。
反対にライトを点灯していない車がいる可能性がある事を考えてみる事も大切です。例えば車線変更をする際にはミラーをチェックしたり、目視での確認を行いますが、ライトを点灯させていない車は存在を確認し難くなっています。もし無灯火の車が隣車線にいた場合、チラッと確認しただけでは発見する事ができない事もあります。そのような可能性も考え、しっかりと確認してから車線変更を行う事が大切です。
スピードを出し過ぎないようにする事もポイントです。周囲が暗い状態ですと視力も低下してしまいますので、危険の察知能力が低くなってしまいます。それにも関わらずスピードが出ている状態ですと危険性が高まるのは言うまでもありません。また、仕事帰りなどの際には疲労が蓄積しており、視野も狭くなりがちです。余計に危ない状態になりますので、疲れていると感じた時にはより一層の注意をしなければならないのです。

Filed under: 未分類 — トトロ 2:33 PM