運転は距離感が大切

自動車を公道で安全に走行させるためには、常に制限速度を順守する方法が用意されているのですが、その時の道路状況や路面状態に合わせた走行を心掛けることも必要とされており、交通法規を守ることは勿論ですが、それ以外であっても大切な項目はいくつも存在していることになります。日中でも夜間でも運転を行う際には、距離感を持って走行させることが必要とされています。車間距離に関しては前方の自動車を十分に確認した上で適度な距離を保つことが必要とされているのですが、走行している速度によっても大きく変わる内容を持っています。例えば一般道路の場合では、比較的短い距離でも安全に走行させることが可能な場面もありますが、高速走行時に関しては長い距離を保つことが必要とされています。その背景には停車させることを想定した走行を行うことが良い方法とされている一面を持っているために、万が一前方でアクシデントなどが発生してしまった場合でも、緊急として停車させることができる距離を保つことが最善策とされています。特に夜間走行の場合では、日中よりも距離を多く保つ方法が良いとされており、ブレーキランプなどに対してもしっかりとした反応を示すことが必要とされています。

Filed under: 未分類 — トトロ 4:09 PM