対向車のライトとげん惑に注意

夜間に運転するとき、道が暗くて見えにくいと感じることがあります。特に、街灯が少ない田舎の道ではそう感じることが多くなります。暗い道を走るというのは、神経が疲れますし危険が伴います。そこで、ライトをハイビームにすることで、明るさを増すことができます。ハイビームは遠くの方の道まで照らすことができるので、視界が大きく広がります。ドライバーにとってはとてもドライブしやすくなるわけです。

ところが、ハイビーム状態で走っていると、対向車は眩しくて、げん惑を起こしかねません。これは迷惑ですし、危険でもありますので、すぐにハイビームを通常の状態に戻さなければなりません。つまり、ハイビームができるのは、対向車がない場合に限られるわけです。対向車が頻繁に通るような道の場合は、ハイビームを使うことが実質上不可能ということです。

また、通常のライトよりも輝度が高いハロゲンランプに交換するのも手です。明るさが増すので、夜間走行でも見えやすくなります。ただ、それでも限界はありますので、夜間走行においては、スピードを落とし、安全ドライブを心がけることが大切です。スピードを落とすだけで、神経の疲れも大幅に軽減され、突然の飛び出しにも対応することができるようになります。

Filed under: 未分類 — トトロ 4:08 PM