ハイドロプレーニング現象について

雨の日に運転する際に最も注意しなければならないのは、ハイドロプレーニング現象です。これは、雨などが原因となって水が溜まった路面を走行している時にタイヤと路面の間に水が入り込むことで摩擦力を失い、車が水の膜の上を滑るようになる現象を指しています。
車のタイヤにある溝は排水を行うためのものですが、ハイドロプレーニング現象は路面の水量に対してタイヤの溝が持つ排水性能が不足することが原因で起きやすくなります。タイヤは走行をすればするほど摩耗が進んで溝も浅くなっていき、排水性能が低下して、タイヤと路面の間に入り込む水を排することができなくなっていきます。また、タイヤの摩耗がそれほど進んでいなくても、水量の多い路面を走行したり、スピードを出し過ぎると、入り込む水量がタイヤの排水能力を超え、車が滑る可能性が高くなります。雨の日に高速道路を走行する際は特に注意が必要です。
ハイドロプレーニング現象に遭遇するとハンドル、アクセル、ブレーキは全てきかなくなり、再びタイヤが路面としっかり接地するまで成り行きに任せる以外に術はありません。車内にいる人は、前方や対向車線を車が走行しないことを祈るしかありません。雨の日は晴れの日より走行速度を控えめにして、大きな水たまりには入らないようにして走行するようにし、タイヤが摩耗してきて交換が必要になった場合にはすぐに交換するようにして、この現象を回避しましょう。

Filed under: 未分類 — トトロ 4:11 PM