雨の日の運転で注意すること

 雨の日の運転で注意することは、制動距離と死角、消える色の車への対応があげられます。
制動距離、これは当然雨で濡れた路面は摩擦抵抗が減りブレーキの利きが悪くなれば制動距離が長くなります。ですから早めのブレーキを心がけることです。急ブレーキなどの強いブレーキは、タイヤがロックする事があります。ABSと略されるアンチ・ブレーキ・システムはこのロックを防止するシステムですが、ロックしている間は、車の方向が定まりません。その為、周辺の車などと接触事故になる事もあります。ブレーキをロックさせないことを心がけましょう。
死角は、晴れている時でも常にあります。 雨の日は、フロントガラスや窓ガラスに付いた水滴で更に見にくくなります。
このリスクを減らすには、スピードを落とすことと体の位置を前後左右ずらして死角になっている障害物を積極的に見つけることです。車のピラーで歩行者が見えなかったり、サイドミラーの見える限界もある事を覚えておくことです。
消える色の車とは、何でしょうか。グレーや灰色の車のことです。ミラーに映っているのに見えない現象が起きます。これは、水滴の付いたミラーでは、グレーの車は水滴と同化して判別がしにくくなります。左の車線への変更する時には、充分注意が必要ですから、ミラーに頼るだけでなく目視での確認も必ずすることです。

Filed under: 未分類 — トトロ 4:10 PM